働き方

副業のアフィリエイトは成功しない?サラリーマンに最適な副業とは

ネットビジネスが多くあるなか、アフィリエイトはいわゆる「一発当てると大きい花火」です。

しかし、サラリーマンが最初の副業としてアフィリエイトを選べば99.9%失敗します。

そこで今回はアフィリエイトに代わる「スキルなしで始められる副業」をピックアップしてまいりました。

  • 副業にチャレンジしたいサラリーマン
  • スキルなしから事業を起こしたいひと
  • どんなことを副業にしたら良いか分からないひと

アフィリエイトは最初にするべきビジネスではない

アフィリエイトは元手数万円、やり方次第で収入はどこまでも伸びる夢のビジネスです。

しかし、現実を知らなければなりません。

サラリーマンとして、事業家として安定的な収入減が欲しければ、アフィリエイトは最適ではないのです。

なぜかというと「Googleのアルゴリズム変動」によって、大きく収入が落ちこむ可能性があるからです。

コツコツ積み重ねれば大きな収入が見込めるアフィリエイトですが、伸びた首を切り落とされるケースは多くあります。

エドワード
エドワード
そのようなビジネスに、あなたの貴重な時間を全部つっこめますか?

 

しかし、アフィリエイトが素晴らしいビジネスであることはもっともです。

そこで私はアフィリエイトを「セカンド・サイドビジネス」として取り組むことをおすすめします。

つまり、本業とは異なる1つの収入源をつくり、その次にアフィリエイトに取り組むのはどうかということです。

では、1つ目のサイドビジネスは何が良いでしょう?

安定性を求めるなら「フリーWEBライター」または「フリーエンジニア(プログラマー」を目指すのがよろしいかと思います。

なぜ最初の副業はライターやエンジニアが良いのか

疑問に思いましたか?なぜそのようなチョイスなのかと……

しかし、ここには大きな理由があります。

サラリーマンやバイトの多くは月給・時給制です。

そこで、まず皆さまには「働く時間と収入が比例しない」世界についての理解を深めていただきたく思います。

おどろくことに、1日3時間の作業で30万円/月も稼ぐライターがいるのです。

おどろくことに、1週間でサイトを制作して50万円/月も稼ぐエンジニアがいるのです。

これら2つの働き方に共通するのは、どちらも「成果に対してのみ報酬が発生する」ということ。

これはサラリーマンとどのように違うのでしょうか?

サラリーマンが給料をもらえる仕組み

会社は、私たちが仕事をこなす労力に対して「一般的に十分であろう報酬」のみを与えてくれます。

つまり「あなたに対してこれくらいの給料を払えば、あなたは明日も元気に出社してくれる」という"あなたの仕事に対する姿勢"をお金で買っているのです。

したがって辛い仕事、学習コストが高い仕事は給料が高く、だれでもできる仕事は給料が低いのです。

エドワード
エドワード
経済は難しいですが、ヒントが分かれば給料をグッと上げられますよ

どうしてライターやエンジニアは高給取りがいるのか

簡単にいえば「ンターネット事業は儲かり、それをサポートする業務を1人でこなせる」からです。

ライターは基本的に、サイトの1ページを1人で書き上げます。

そしてエンジニアも同様。

インターネット事業を展開するものは、これらを利用して大きな利益をあげるのです。

そして注目すべきなのは、ここでいう大きな利益をあげるインターネット事業こそ「アフィリエイト」だということ。

つまり、ライターやエンジニアはアフィリエイトの片棒を担いでいるのです。

ライターやエンジニアの次の段階こそアフィリエイト

お分かりいただけたでしょうか?

ライターやエンジニアは、アフィリエイトの基礎知識を身につける通過点なりうるのです。

ライターは文章で人をあつめ、商品やサービスへ誘導します。

エンジニアはWEBコンテンツ作成の中核であり、かつエンジニアを紹介する案件はアフィリエイトにおいて人気なのです。

それぞれ満足に稼げるまで目安を体感で説明すれば、

ライターは1ヶ月目から10万円稼ぐ副業ライターもいるほど、結果が出やすい働き方。

エンジニアは学習を6ヶ月前後、長いケースで1年継続すれば月十数万円の報酬が得られます。

ライター

アフィリエイト案件で報酬をあげる文章が身につきます。

さらに働き方次第で高単価になり、トップランカーだと100万円/月を超えるライターも存在しています。

SNS上では高単価ライターとして、とっとこランサー氏名もなきライター氏が有名です。

どちらも100万円を優に超える報酬を獲得しており、自身のサイトでマネタイズしています。

エンジニア

WEBコンテンツ制作の基礎を知ることができ、エンジニア案件への誘導に説得力が出ます。

エンジニアそのものが相場価値の高い働き方であるため、1本でも十分な稼ぎ。

AIエンジニアなどは学習コストが高いものの、年収5,000万円以上といわれるほど高収入です。

SNS上ではエンジニア兼ブログアフィリエイターとしてマナブ氏などが有名ですが、アフィリエイターのなかにはプログラミングに精通する人材が多くいます。

上記で紹介したプレイヤーたちは、それぞれ転職・副業やマネタイズについて発信しています。

そのような内容に興味があるひとは、良い情報を獲得できるやもしれません。

まとめ

ぜひぜひ以下のことを覚えていただきたいです。

今回のまとめ

①アフィリエイトは時間と根気が必要なので、セカンド・サイドビジネスとして取り組む

成果が出やすいライターか、実力がつけば高収入を叩き出すエンジニアがおすすめ!

③それらを通じて「アフィリエイトはなぜ稼げるのか」を理解しよう!

エドワード
エドワード
あと、私のことは"エドワード"と気軽にお呼びくださいませ。

 








%d人のブロガーが「いいね」をつけました。